利用シーンによって選べる樹脂

プラスチックの加工について

イメージ

 

 

産業用として現代では様々なプラスチック。利用の用途に合わせて、樹脂に求めれる機能や特性は様々に異なる場合が多い。ここではどのような利用シーンの場合どの樹脂を使うかご説明します。

 

まず天候が熱いとことろや、高温を使う場所で樹脂を使いたい場合は当然高い温度に達しても変形
したりとけたりしないことが求められます。素材選びとしてはエポキシガラス、ペークライト、
ロスナボールド、ヘミサルがいいでしょう。これらの合成樹脂は耐熱性が高いということが
挙げられます。
透明な樹脂ポリカボネート板の通販のお店は

 

 

工業用製品を製造する場合で精密な部品をつくる場合寸法の変化が少ないことが求められます。寸法の変化が少ないプラスチック素材は、ユニレート,Pom,PEEK、PPS等が挙げられます。
これらは寸法の安定性が高いのが特徴です。
またプラスチックの素材の中でも強度が求められる場合があります。
例えば、バイクの風防、ヘルメット等強度が強いのがポリカボネート、PEが挙げられます。
特にポリカボネートは無色透明な素材で、強度がありながら無色透明な素材ではポリカボネートくらいしかありません。住宅の建材のみならず、航空、自動車など様々な分野で利用されているのです。
今一番注目の樹脂の素材です。
透明度が高く光を通す樹脂の素材は他にアクリル、塩ビ、PETとあります。
その他できるだけ軽い素材がいい場合はPP、PE,ABSの樹脂素材が挙げられます。
これらの素材は軽いのが挙げられます。

 

 

樹脂、金属などに刻印する加工技術がレーザーマーキングの技術です。
レーザーマーキングを施工してくれるところが
下記です。

 

 

 


お薦め情報


起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET