起業における助成金について

失業から一転!助成金を利用し起業家に!

"失業後、失業手当を受けていたが起業しようかと考える人にぜひ利用してほしい助成金があります。
それは、受給資格者創業支援助成金です。

 

対象はどういったものか?
・雇用保険の加入期間が5年以上あり、新たに起業する事業に従事すること。(副業はNG)
・法人の場合は自らが代表者で出資していること。
・法人等を設立する前日までに失業手当の支給残日数が1日以上あること。
・法人等設立の前日までにハローワークへ法人等設立事前届を作成し提出していること
・創業後、3か月以上事業を行っていること
・支給申請をすると雇用保険の適用事業所であること
これらの要件のどれ一つ欠けても、助成金はもらえません。

 

申請方法は、法人等を設立する前日までに法人等設立事前届と雇用保険受給資格者証もしくは雇用保険短時間受給資格者証のコピーを添付しハローワークへ提出します。

 

そして起業後、1年以内に高齢者などを除く労働者を雇用保険の一般被保険者として採用し使用初日から雇用保険に加入させる必要があります。

 

ちなみにこの助成金、最初から起業を考えている人は使用することができず、ハローワークで仕事を探しているうちに、途中で考えが変わって起業しようと考えた場合に使用することができる助成金です。

 

そして起業することをハローワークに相談した時点で失業者ではなくなるため、失業手当は停止されます。
失業手当の支給日数が残っていて、起業を考えている人はこの助成金を活用してほしいものです。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET