起業における助成金について

地域貢献しつつ起業して助成金GET

"生まれ育った地域に貢献できる起業に対して、助成金が出るということを知っていますか。
地域貢献する事業で65歳未満の非自発的離職者(会社都合の解雇者・勤務先移転に伴う離職者・定年退職者)を含む(1人以上)2人以上の社員を1年6か月以内に雇用すると、対象経費の3分の1で最大500万円が助成される助成金です。

 

この助成金を受給するためには、起業して6か月以内に事業計画の認定申請を都道府県高年齢者雇用開発協会に提出することが必要です。

 

地域貢献事業って何?
・個人や家庭向けのサービス、社会人向けの教育サービス
・住宅調査サービスや子育て・高齢者ケアサービス
・地域重点分野(各地域で指定されている)
など、内容は多岐にわたっています。

 

申請方法は?
まず都道府県高年齢者雇用開発協会に行き、申請書類を入手してください。
そして、起業する事業が地域貢献事業に該当するのかどうか確認してください。
申請書には、売り上げ予想や役員の履歴、どんな事業かを記入し提出します。
人件費も計算し利益の出る事業計画書を提出してください。

 

助成金の対象経費は?
・会社設立等の6か月以内に使用した以下経費の1/3で最大500万円まで。
・会社設立の代行費用や経営コンサルタントなどの相談費用
・職業能力開発経費や従業員の教育訓練経費
・設備、運営経費など

 

助成金を受給するためにしておくとよいことは?
申請期限を守るのは当然ですが、助成対象の経費になるものの領収書を整理しておくことはスムーズな受給に役立ちます。
何を買ったのか明確にし、帳簿をきちんとつけておきましょう。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET