起業における助成金について

リタイア後の起業で助成金を得る方法

"リタイア後の生活をどうしようかと考えているでしょうか。
ある人は、リタイア後は朝からお酒を飲んで生活しようと考え、実際に実行した結果、1週間で飽きてしまったなんてことはよく聞く話かもしれません。

 

今まで、一生懸命働き休みがほしいなんて思っていても、いざ毎日が休みになってしまうと何をしたらよいかわからなくなってしまうものです。

 

リタイア後のそんな時間を今までできなかった本当にやりたいことをしかも起業し、社会貢献できたらどんなによいだろうかと考えたことはないでしょうか。
今まで会社で培ってきた知識などを活用するチャンスに国が助成金を支給してくれる、そんな制度があります。

 

「高年齢者等共同就業機会創出助成金」というものです。
この助成金は45歳以上の3人が集まり、これまでの職業経験を活用し新たに法人を設立して起業し、さらに新たな雇用を生み条件に該当すれば、対象の項目の一部が助成されるという助成金です。

 

この助成金を受給するためには、法人設立(起業)の前日時点で設立に参加した3人が無職であることが必要です。
個人事業や他社に雇用されている場合は該当しませんので3人とも設立前日の時点に無職であり、名義貸し、ほかに事業を持ちながらの兼務はできないため注意してください。

 

ちなみにこの助成金は最大500万円まで助成されます。
対象となる経費は、法人設立にかかわる相談等の経緯費や設立登記に支出した費用。
事業所の設備や備品、事務所賃貸料6か月分、広告宣伝費などが含まれます。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET