起業における助成金について

子育て世代の女性起業家のための助成金

"子育て世代の女性が起業するのは無理なことでしょうか。
子育てで社会とかかわりが少なく感じる主婦の方たちも起業家として社会に貢献することは可能です。

 

そうした、子育て助成の起業家に対して、子育て女性起業支援助成金というものがあります。
12歳以下の子と同居しており雇用保険の加入期間5年以上の有効求人倍率が全国平均を下回る地域に住んでいる女性が起業し、条件に該当する場合に助成されるものです。

 

いくつかの条件がありますが、特定の区域内に住所があることや、女性起業家が設立した法人などの業務に従事すること、代表者が女性起業者であることなどが挙げられています。

 

子の助成金を受給するためには、事前に申請が必要です。
運転免許証のコピーや、住民票などの住所が確認できる公的書類を添付して管轄のハローワークへ提出しましょう。

 

そして、起業後1年以内に労働者を雇用保険の一般保険者として採用し、採用初日から雇用保険に加入させる必要があります。ですから、採用した際にアルバイトとして最初に雇その後雇用保険に加入させるという場合は対象外となってしまうため注意してくださいね。

 

助成金の申請は継続的に働く労働者を雇い雇用保険の適用事業所となってから、支給申請を2回に分けて法人などの住所を管轄するハローワークに行ってください。

 

助成の社会進出が当たり前の世の中になっていますが、自分は普通の主婦だからと事業を行うことをあきらめてしまっている方たちも少なからずいらっしゃると思います。
こうした制度を知って、ぜひ活用することで女性起業家として、充実した生活を送ることができるかもしれませんね。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET