起業における助成金について

老後に起業しませんか?助成金活用術

"定年後、起業し商売を始めたいと考えたことはありますか?
高齢者の起業家を積極的に支援する制度がありますのでいくつか見てみましょう。

 

高年齢者等共同就業機会創出助成金。
45歳以上の3人以上で法人設立をし、45歳以上の従業員を雇った場合、創業経費の2/3が助成され、最高額500万円。

 

地域雇用受皿事業特別奨励金。
高齢者ケアサービスや住宅関連サービスなど地域に貢献する事業を行う法人を設立し、常勤と短時間労働者3人以上(最低1人は常勤)を雇った場合に、創業費用の1/3、また常勤労働者一人当たり30万円(短時間労働者15万円)を支給。

 

中小企業基盤人材確保補助金。
300万円以上で個人開業や法人設立の事業主が経営基盤を担う人材を雇った場合、1人140万円で5人まで、また一般労働者の場合は1人30万円で基盤人材と同じ人数まで助成します。

 

受給者資格創業支援助成金。
雇用保険に5年以上加入していた人が退職後、呼応保険の受給資格がある間に法人設立や個人開業など起業し、創業1年以内に常勤労働者1人以上を雇い雇用保険の適用事業所になった場合には、創業費用の1/3で最高200万円まで助成します。

 

介護基盤人材確保助成金。
介護サービスを提供する事業主が、雇用管理・介護従業者の教育のため特定の人材(医師・看護師・介護福祉士、社会福祉士、ホームヘルパー1級、1年以上の実務経験者)を雇った場合、1人140万円、その他の一般労働者には1人30万円を助成します。

 

不良債権処理業支援特別奨励金。
不良債権を処理するため、雇用の調整をせざるを得ない事業所を退職した30歳以上60歳未満の人が法人を設立して創業6か月以内にほかの支援対象者や40歳以上60歳未満の非自発的失業者等を雇った場合、本人分として60万円、雇用した支援対象者1人につき30万円を支給します。

 

老後資金のために老後の生活設計を始めましょう。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET