起業における助成金について

若者起業家に助成金を

"各自治体で、起業者向けの助成金を支給していることがあります。
特に起業したい若者たちに知ってほしい助成金情報です。

 

1つ例をあげましょう。
大分県豊後高田市の創業支援補助金です。
市内で起業する45歳以下の若者が対象の補助金(助成金)です。

 

目的は、移住希望者や若者の起業を支援することで、地域経済の活性化や地域振興、定住促進を図ることです。

 

対象者は、市内に事務所や店舗を設置、もしくは設置しようとしている者・市内に住所があるもしくは事業完了までに市内に住所がある者・創業計画に基づいて事業を行う者・市税の滞納がない者です。
また起業の際の補助金の交付決定を受けた年度の3月31日までに補助金の対象事業を完了する必要もあり、国や県などから同一内容の補助金を受給していないことも条件です。

 

支援内容として、創業のために必要な設備費や、改修費、広報費等の必要な経費で補助率は50パーセントの上限50万円までです。
土地や建物購入費・生活費は対象外です。

 

申請は起業チャレンジ若者支援事業補助金交付申請書に、事業所の所在が分かるもの、住所確認の同意書、事業計画書、市町村税完納証明書、収支予算書、創業計画書などを添付して提出します。
創業計画書は市内の支援機関や金融機関の指導を受けて作成できます。

 

各自治体でこのような起業する若者や、移住者を歓迎するためにこうした制度を設けているところはたくさんあります。
ぜひ、若い人たちは臆することなく起業にチャレンジしてください。
移住を検討している人も、新たな土地で起業することにしり込みせず積極的に考えていきましょう。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET