起業における助成金について

起業-助成金の受給にはタイミングが重要

"起業する際に助成金を利用したいと考えてもなかなかわかりづらいと考えるかもしれません。
なぜなら、厚生労働省関連の助成金だけでも約50種類以上あるためどういった助成金が自分の事業で受給できるか判断が難しいからです。

 

効率的に探すために、テーマ別に助成金を押さえてみてください。
テーマとは起業・雇用の維持・就職困難者の雇い入れ・再就職支援などです。

 

売り上げが減少し解雇しなければならないが、雇用を維持したいと考えるなら、雇用の維持がテーマです。
また、離職をする従業員のために再就職の支援を手伝うなら再就職支援がテーマです。
さらに障がい者などの人材の説局採用は就職困難者の雇い入れがテーマです。

 

このようなテーマを押さえるならある程度受給できる助成金を絞ることができます。

 

他にもどういったテーマがあるのかいくつか挙げてみましょう。
・定年年齢の引き上げや廃止
・雇用の安定
・失業者の創業
・能力開発
・雇用管理の改善
・介護基盤人材確保等の助成金
・育児・介護雇用安定等の助成金

 

また、起業して助成金を受給する際にはタイミングも大切です。
助成金というのは政策課題がある程度解消されると廃止されます。
タイミングが合わなければ受給することはできません。

 

遅すぎても、また先進的企業でタイミングが早すぎても受給できません。
職場環境の整備は助成金の受給額以上のコストがかかることもありますのでそうした点も注意しましょう。
時代の少し先を行く企業が助成金をうまく活用できるのです。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET