起業における助成金について

起業-助成金をうまく利用しよう

"起業するのに資金はいくらあれば始められるのでしょう?
起業するときに気になるのは一番にお金の問題でしょう。

 

まずは、どんな規模で事業を行いたいのかを考えましょう。
自宅でできる範囲なのか、店舗が必要であれば借りるのかそれとも買うのかなど、事業のスタイルを決めてください。

 

もし、都市部で飲食店を始めるときには、店舗を借りたり内外装をしたり、冷蔵庫などの業務用の備品を整えたりすると、少なくとも1000万円はかかるはずです。
これだけの資金を自己資金だけで賄うのは大変でしょう。

 

小さな店舗での独立開業をする場合には利用でいないかもしれませんが、従業員を雇う予定であればぜひ助成金を活用できるでしょう。
助成金の支給対象になる要件を満たしているのに申請しなければもったいないですね。

 

起業する際に活用できそうな助成金としてはこのようなものがあります。
・受給資格者創業支援助成金(最大200万円)
・中小企業基盤人材確保助成金(最大700万円)
・地域再生中小企業創業助成金(最大500万円)
・子育て女性起業支援助成金(最大200万円)
・再就職手当

 

雇用に関してはこのようなものがあります。
・被災者雇用開発助成金
・若年者等正規雇用化特別奨励金
・実習型雇用支援事業
・既卒者育成支援奨励金

 

他にも自治体などからの助成金がありますが、行政などから助成金を申請するようにと、新設に教えてくれるわけではないので、ぜひ情報収集し、活用していきましょう。
"



起業の際の助成金の種類 リタイア後の起業で助成金を得る方法 助成金を使い起業して月収UP! 老後に起業しませんか?助成金活用術 起業で短時間労働者を雇って助成金GET