起業における助成金について

起業と助成金

"起業したいと考えた時、自己資金だけで起業するというのは、なかなか難しいですね。
融資を受けるという方法もありますが、助成金・補助金について知っておくことは大切なことです。
起業家として、さまざまな手段を知っているということは成功するためには必要なことでしょう。

 

まず助成金・補助金とはどういったものかご存知でしょうか。
簡単に言ってしまえば、国や地方自治体からもらえる返済不要なお金のことです。
融資とは異なり返済する必要がないというのは助かります。

 

ちなみに助成金と補助金は何が違うのでしょうか。
助成金は要件が合えば基本的には受給できるものであり、補助金は要件があっていても受給できない可能性があるものです。
なぜなら、補助金には予算があるためです。

 

では、助成金・補助金にはどういったものがあるでしょうか。

 

個人、中小企業、小規模事業者向けの補助金として、「ちいさな創業未来補助金」があります。
これは、創業、販路開拓にかかる費用や広告費・弁護士や専門家等の費用に対しての補助金です。

 

雇用に関係するものとして、「トライアル雇用奨励金」というものもあります。
公共職業安定所長がトライアル雇用を必要と認めた人に対して、原則3か月の試用期間に適性や能力を見極め常用への移行を進める制度です。
この奨励金は対象者1人につき、月最大4万円です。トライアル雇用開始2週間以内に実地計画書をハローワークに提出する必要があります。

 

ここでは2種類のみの紹介ですが、どの補助金や助成金が企業の際に自分の事業にあっているかわからない場合、社会保険労務士に相談することも一つの方法でしょう。
"